クレジットカードの便利な保険

旅行

クレジットカードのサービスで非常に便利なのが保険です。保険の内容は、旅行時に事故や病気などの障害に対応してくれたり、自動付帯保険の場合は死亡時や病気、ケガがあった場合ある程度負担してくれます。

 

さらに自動付帯保険に上乗せすると、旅行保険が有料でつけれます。例えば、海外旅行障害保険をつけると、海外旅行に行った時に病気になって病院に行ったとしても保険適応として支払額が軽減できます。(保険に入っていない場合は保険適用外なので治療費が高額になります)

 

他にも海外で自動車事故を起こした場合でも、賠償保障が適応されたりと便利です。

 

しかし、この保険を適応させる為には条件があります!

 

対象となる旅行の旅費などをそのカードで支払っていなければ適応されません。さらに、保険に入っているカードを複数枚もっている場合は、保険金が高いカードの方の保険適用になります。両方のカードの保険金がもらえるという事はありませんので注意が必要です。

 

例えば、保障額が最大5000万円と、最大1000万円の2枚のカードを持っていた場合は、保障額は5000万円までとなります。

 

また、クレジットカードで買い物をした場合、買ったものが壊れたり不良品だったときに修理代金や代金を保障してくれる保険もあります。この時、一部だけカードで支払っている場合の保障額は利用額の範囲までや、保障上限が決められている場合もあります。

 

>>次ページ『専業主婦でもクレジットカードは作れるの?』