審査に落ちる原因

クレジットカードの審査に落ちる原因はさまざまですが、特に多いものをピックアップしてみました。下記の中で1つでも当てはまるものがあると審査に落ちる可能性があります。

 

ポイント

信用情報機関(ブラックリスト)について

 

信用情報機関とは、過去の滞納や債務整理、クレジット会社への申し込みや借入れ件数などの個人の経済的な情報が登録されている場所です。主に、クレジット会社などの金融機関から顧客の【信用性】を判断するのに利用されます。

〜登録機関〜

クレジットや借入れなどの

申込情報


6ヶ月

クレジット情報

(契約内容や支払状況)


契約期間中及び完済日から5年間

返済状況

契約期間中及び完済日から5年間

利用記録

利用日より6ヶ月

取引事実に関する情報

(債務回収・債務整理・保証履行・強制解約など)


当該事実の発生日から5年

 

 

申込用紙の記入ミス

用紙

これは審査に落ちる最も多い理由です。記入漏れや誤字脱字、電話番号の間違いなど1つでも違うと審査に通りません。

 

漢字は正しく書き、数字も見やすいように書くことで記入ミスを防ぐことができます。申込用紙は、しっかり見なおしてから提出しましょう。

 

他社からの借入がある場合

借入れ

他社から借入がある場合は、返済能力がない・お金に困っていると判断され、審査に通りにくくなります。特に複数から借入れをしている場合は審査に通る可能性が低くなります。
全て返済をしてからの方が審査に通りやすくなります。

 

借入れの返済や、カードの支払いを延滞した事がある

驚く

 

返済を滞納すると信用がないと判断されるので審査に落ちる場合があります。
滞納すると信用情報機関に登録されるのでパスポートの申請や、新たな借入れができなくなります。

 

短期間で複数に申し込みをした場合

女性

 

短期間の内に複数の借入れやクレジットカードの申し込みをすると、【お金に困っている】と判断されるので審査に通りにくくなります。カード会社に信用してもらうには、複数の申し込みはNGです。

 

年収・勤務形態・勤務年数などカード会社の基準に合わなかった場合

男性

 

年収が低い、パートやアルバイト、勤務年数が1年未満の場合は返済能力がないと判断されるので審査に通らない場合があります。特に厳しいカード会社では、賃貸住まいや固定電話がないと落とされる場合があります。

債務整理をした場合

男女

 

債務整理をした際は、一時的に信用情報機関に載るので審査に落ちやすくなります。約5年程は借入れやクレジットカードを作るのは難しいです。

 

>>次ページ『クレジットカードの種類について』